2008年08月07日

懐かしき・・・

他の方のブログを読んでいて・・・
私も出産を懐かしく思い出していました(笑)


一人目の時は、全く産気づかず、
予定日超過10日目で誘発分娩。

入院一日目は、お薬を飲んで誘発。
お腹は張るものの痛みはつかず(^_^;)
でも、夜中に少し破水が始まり。。

次の日に、点滴による誘発。
かなりの痛みが来ているにも関わらず
子宮口開かず(~_~;)
バルーンを入れて5センチ開いたけど
それでも進まず・・・。
「もう少し様子見て開かないようだったら
帝王切開になるかも・・・」
という先生の言葉(T_T)

帝王切開になるんだったら、
もっと早くに切ってくれればいいのに!!
と痛みをこらえきれず思ったっけ(笑)

その後、何故か進んだ子宮口の開き(笑)
分娩台に乗れることになった!
めちゃくちゃ嬉しかったな〜わーい(嬉しい顔)
これで普通に産めるのねぴかぴか(新しい)って(笑)

私にとっては、産む痛みなんてへっちゃら。
陣痛のがその何倍も痛かった。

みんなそうなのかな〜?

それにしても不思議なのは・・・
一人目の時は、陣痛室よりも
分娩台に上っている時の方が余裕があった。
「ハイリン」の意味とか
「へ〜」
なんていいながら聞いていられた(笑)

だけど二人目は、陣痛室では
なんとか一人で頑張れていたのに
分娩台に上ってからは
手足が震えて陣痛に耐え切れず
パニック寸前だった(笑)
助産師さんの手を握っちゃったし(^^ゞ

あ〜あれを思い出すと
やはり妊娠出産には立ち止まってしまうかな〜(汗)

でも、生まれた赤ちゃんのかわいさったらないものね♪


もう、ただ癒される赤ちゃんを脱してしまった次女。
悪さばかりして、ニヤリ顔が様になっちゃって(笑)

だけど、かわいさは変わらないものですね黒ハート
相変わらずの親ばかです(^^ゞ
posted by さち at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。