2008年08月22日

二人目出産話2

経産婦は、痛みがそれほどじゃなくても
間隔が10分になったら連絡して・・・

と母親学級で言われたので、

夜中病院へ連絡電話


すると、入院の準備をして来てください〜とのこと。


寝ている長女を置いていくわけにもいかないので
長女を起こして、夫とともに
病院へ送ってもらった。


その後娘は寂しくなったのか
家に帰ってもなかなか眠れず泣いていたそうだ(^_^;)
ごめんね、長女。。

私はと言うと、入院着?に着替えて
陣痛室で待機。
ひたすら待機。
その時を待つしかないですもんね(笑)

助産師さんが時々内診にくるのだけど
子宮口1センチくらいだったような・・・。

痛みも続いてはいるものの
それほど強くもなく・・・でも間隔は相変わらず
10分くらい。
そして寝ることもできないまま
外が明るくなっていくのを眺めていた。。



朝になって院内がバタバタし始めた。
朝食も運ばれてきた。
結構食べた(爆)

痛みは段々強くなってきたように思う。

先生の内診があるので、1階へ言ってね〜
と言われ、一階の診察室へ。
その頃の痛みは、波が来るとツー・・・っと
顔をしかめてしまうくらいになっていた。

内診の結果、子宮口5センチとのこと。
「いいね〜みんなこんな風にすすむといいのにね〜」
となんのことやら?
誉められてるの?(笑)

朝を迎えてもまだ5センチなら
長女を起こしてまで夜中に入院すること
なかったな〜と思ってしまった(^_^;)


次回へ続く・・・
posted by さち at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105137111

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。